5G IoTに未来を描けるか⁉スマホ、家電、自動運転よりも大事な事!

未分類
10 /23 2019

 スポンサーリンク



5G IoT時代がやってくる!

 5GやIoTという言葉をやたらと耳にします。5Gは第5世代移動通信の事で、3GやLTE、4Gの進化したもので通信速度がさらにアップする通信システムです。通信容量も接続環境も劇的に改善される事から、様々な所に適用、応用される期待が込められています。

IoTがその一つでInternet of Thinksの頭文字を取ったものです。スマホだけでなく家電や物がインターネットに繋がる社会を掲げています。その中でも自動運転が革新的な技術となるとされています。


 と、ここまではご存知の方もいるでしょう。しかしながら、あまりに漠然すぎてイメージがつかないのも事実です。3G、LTE、4Gまでは携帯電話、スマホの通信速度環境が良くなってきた経緯もあり、その延長上に5Gあるとしても、これ以上求める意味がどこにあるかと思ってしまうからです。

携帯電話やスマートフォンといったデバイスが目に見える形で進化してきたため、実感できたものの、5Gといったソフトウェア寄りのものを表向きにしているため、急に雲を掴むような話が出てきても何のことか分からなくなってしまうものです。


 ちょっと昔のIT革命もそうでしたが、ソフトウェアを全面的に押し出しても求心力に欠けます。電子機器関連はスマートフォンやタブレットのようにハードウェアありきで展開していった方が、歴史から見ても正当な進化でしょう。


 また、5Gの場合、これまでの携帯電話やスマートフォンの通信形態内の直進的な進化の枠にとどまらず、IoTの未来まで描こうとしているから飛躍しすぎです。どことなく世の中に丸投げしているようなところもあり、完全な未来構想の青写真が出来上がっていないまま通信サービスだけが先行しているようにも見受けられます。そこに確かなビズネスチャンスを見出せる会社が今の段階でどれだけあれるかも不明なほど、どこか上の空な話にも思えてきます。


 そんな5G、IoT時代へ向けて未来を創造していきましょう。と言われても、正直熱くなれないものがあります。5Gの技術は確かに素晴らしいものがありますが、なぜか希望を持てないのです。


エネルギッシュな時代は終わり!

 大量生産、大量消費時代は終わりました。時代はエコロジーな時代です。石油、石炭などの化石燃料に頼る時代ではなく、よりクリーンなエネルギーを求めなければなりません。そのために電気エネルギーは今後主役となっていくはずです。

 それを深刻に考えなければならないのが、地球温暖化の加速していることへの変化です。日本の夏は、連日猛暑日が続き、秋になれば、巨大台風が押し寄せ、ゲリラ豪雨もいつ何時発生するかわからない状況下です。温暖化の影響がはっきりと認識できるほどです。

 そんな中、5Gをごり押ししているように見えるため、5Gは浪費するような時代を逆行するイメージがあるのです。エネルギッシュにどんどん技術革新していくような時代ではなくなったとすると、時代錯誤な事を求めているように思えてならないものです。

5G通信で省力化、エコを目指す!

 5Gのマーケティングも良くないように思えます。通信速度、容量が上がる事でメガがギガになり、家電に通信機器上乗せし、電力消費を拡大するかの印象を受けます。いくら電化になっていったところで、電力消費を増やすようではエコな社会ではありません。

 インターネットのおかげでネット購入が普及しました。車で直接、店に買いに行くよりも、合理的でエコロジーな社会にはなったように思えます。
5Gになる事で通信容量が増えれば、LIVE配信やVR、ARも可能になり、場に赴く必要性がなくなります。8Kテレビなどの高画質配信で遠隔医療システムも可能になり、旅行観光に憂いるほどでなくなるとすれば、車社会ではなくなる可能性すらあります。電気自動車になれば、どの道エコではありますが。

 そういった意味では、5Gは表向きな変化よりも、他の産業を食いかねない産業革命になるほどの事かもしれないのです。5G導入により合理化は図り、地球温暖化は防止され、以前のような平穏な日々が送れる事に期待したいのです。

お読みいただきありがとうございました。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

サムライフルーツ

8K、5Gが来る!
電子工学が日本と世界の未来を面白くする。

国立大学工学部(電気、光ファイバー)卒

よろしければ、クリックお願いします。

  スポンサーリンク