2020年はゲーム激戦となる!PS5、Xbox Scarlett、Stadiaが真っ向対決!

未分類
10 /18 2019

 スポンサーリンク



PS5が2020年発売決定で次世代ハードが出揃う

 先日、PlayStaiton5の発売が発表されました。同じく2020年末に発売されるMicrosoftの次世代Xbox「Project Scarlett」もありますので、どちらがシェアが握るか白黒ハッキリするには良い機会となりそうです。


 これまでは歴代PlayStaitonが断トツではありました。PS3とXbox 360世代ではXboxもだいぶ健闘はしましたが、PS4、Xbox one世代でまた引き離されてしまいました。それはどの世代でもPlayStaitonの方がXboxよりもやや性能が勝っている事が考えられます。


 しかし、グレートアップしたPS4 Pro、Xbox One Xでは、真面目に開発したXboxの方が性能が高くなっています。次の世代ハード機ではどちらが優れているか判断するには、発売以降、実際遊んでみないと分からないでしょう。


 発表では、どちらも8K対応する似たような仕様でどちらか一方が飛びぬけて素晴らしいわけではないようです。


 発売日に差があった歴代ハード機では、試遊してからどちらを購入するか選べましたが、今回は、ゲームを発売してからの勝負になるので、熾烈なシェア争いになるのかもしれません。


 個人的にはPlayStaitonVSセガサターンのような熱い死闘を繰り広げる事がゲーム以上に面白いため、野球、サッカーを視聴するように試行錯誤した戦術を駆使した展開を期待しています。


「Stadia」参戦

 しかし、今回、新たにPlayStaiton、Xboxのデッドヒートのゲーム市場に命知らずとでもいうか、怖いもの知らずの参戦する輩がいます。それが、Googleのクラウドゲーミングサービスの「Stadia」です。

今では言わずと知れたグーグルですので、今後ゲーム業界では間違いなくダークホース的な存在になる事でしょう。


 クラウドゲームはPCゲーム配信の「steam」とも違い、ある程度のPCスペックも必要なく、ダウンロード、インストールも不要で、インターネットに接続された環境さえあれば、スマートフォン、タブレット、PC、テレビなどで簡単に遊ぶことが出来てしまうのです。


 PlayStaitonやXboxのようにハード機本体の購入をしなくても良いため、ゲーム界に革命を起こすかもしれません。


これまでもクラウドゲームらしいPlayStaiton Nowがありますが、ゲームの質が劣化していて、満足いくような環境ではありませんでした。「Stadia」はクロームブラウザもある、あのGoogleが提供するのです。インターネット専門分野という強みを活かし、低遅延、高画質、高性能のゲームが遊べてしまいます。4Kまで対応とは、どんなサーバーを兼ね備えるのでしょうか。


「Stadia」は今年の11月19日には北米、欧州でサービスが始まります。残念ながら日本ではまだ開始されませんが、せいぜい1年後あたりには日本でも提供されるかと思います。


 「Stadia」の次世代ハード機のPlayStaitonやXboxの発売1年前開始が幸いなのか、驚異になるかはわかりませんが、少なくとも2020年はゲーム市場が大激戦化しそうです。


日本は後進国扱い

 今回の「Stadia」11月19日サービス開始に日本が含まれていなかったのは、本当に残念でなりません。日本はXbox OneやPlayStaiton4発売でも遅れました。


Xbox Oneは13年11月で、日本では14年9月、PS4は北米13年11月15日、欧州13年11月29日、日本では14年2月22日発売だったように、日本発売が第一線から外されているのは、いったいどういった理由からなのでしょう。


100歩譲ってXbox One発売が遅れるのはまだわかりますが、日本のメーカーであるソニーが手掛けるPlayStaitonが日本で最初に発売されない事自体、異様な事でした。

日本が先進各国から遅れを取っているような状況にいたたまれない気持ちにはなりました。


今回の「Stadia」も日本でサービスが遅れるのか対応しないのかわかりませんが、後退していく日本での市場を後回ししてしまうのも当然と言えば当然です。


 パソコン、スマートフォンのみならず、ゲーム市場まで日本は縮小傾向にあるのは、日本の電子機器産業の衰退を受け入れるしかないのかと思います。ここでも、日本の不況の波があるとはゲームも楽しめそうにありません。


お読みいただきありがとうございました。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

サムライフルーツ

8K、5Gが来る!
電子工学が日本と世界の未来を面白くする。

国立大学工学部卒(電気、光ファイバー)

よろしければ、クリックお願いします。

  スポンサーリンク