4Kテレビからハイビジョンテレビには戻れない!4Kテレビ購入をおすすめします。

未分類
12 /06 2019

 スポンサーリンク



4Kテレビ

4Kテレビが素晴らしい!


 4Kテレビも発売されてから8年あまり経ちましたが、その間にもHDR対応、VOD、インターネット動画の4K対応、4K Ultra HD Blue-rayなど、4Kテレビも少しずつ成長してきました。そして、遂には8Kテレビも登場し、4Kテレビも先駆的な役割も終え、普及帯になってきているかと思います。


BS4K8K放送も始まり、いよいよ4Kテレビの集大成でもあるこの時期に4Kテレビを購入しない手はありません。BS4Kチュナー内蔵4Kテレビが今のトレンドでもありますが、これまでの4Kテレビの進化の経緯を考えると、VODやYouTubeなどのインターネット対応も外せない項目になります。


単に4Kテレビと言っても、今は格安4Kテレビからハイエンドの有機EL4Kテレビまでさまざまですが、用途に合った4Kテレビを購入する事が一番かと思います。しかし、どれにしても4Kテレビは素晴らしいと感じる事でしょう。それは、これまでのハイビジョンテレビとは全く違うからです。


32インチハイビジョンテレビがその価格⁉


 地デジ化移行時、32型ハイビジョンテレビと言えば、大型薄型テレビとして高価なものでしたが、今では小型、廉価版テレビ扱いされるほど、4Kテレビとの世代交代が進んでいるように思えます。


現在の32インチハイビジョンテレビの画質は決して悪いものではありませんし、まして地上デジタル放送の解像度に合うためテレビとしては優秀なものであると言えます。しかもその価格も3万円を切るほどのものも出始め、ここぞとばかりの買い時にもなってきているように思えます。これからの年末年始商戦には特価品として売り出されるに違いありません。


しかしながら、4Kテレビもかなり安くなってきています。BS4Kチュナー内蔵4Kテレビですら、以前のBS4Kチュナー非搭載4Kテレビとそれほど変わらないものになってきました。


以前のハイビジョンテレビの価格が何十万円という記憶が残っているため、32インチハイビジョンテレビが3万円で買える事に魅力を感じてしまいますが、それに数万円上乗せすれば、32インチハイビジョンテレビよりもさらに一回りも大きい高画質の4Kテレビを買えるという事にはなぜか魅了されない不思議な心理状態でもあります。


4Kテレビの凄さは視聴してみないと分からない!


 ハイビジョンテレビにこだわりたい気持ちもわかりますが、それはまだ4Kテレビの本当の高画質を分かっていないだけかもしれません。4Kテレビは解像度が高いため、より鮮明で高精細な映像を視聴できますが、それだけではないのです。


4Kテレビでは色域が増え、より鮮やかな色が表現可能になります。これが解像度以上に大事で意外だったのですが、色彩が現実と近づかないとどうもテレビに集中できないもので、4Kテレビでそれがだいぶ改善されたと分かったのです。


これは液晶テレビの構造上の問題かもしれませんが、32インチハイビジョンテレビであれば、なんとか色合いが保てますが、40インチフルハイビジョンテレビくらいになると、画素の粗さは目立たないものの、薄まった感があります。色あせたように見えるのです。


これまではそんな事は感じなかったのですが、これは4Kテレビが登場して、さらに有機ELテレビというコントラストの高いディスプレイが浸透してきている証拠で、これらが当たり前になりつつあるからなのかもしれません。


しかも4Kテレビであれば、ハイビジョンテレビよりも視聴距離を近づけられるため、4Kテレビ視聴スタイルでハイビジョンテレビに戻ると、例え32インチハイビジョンテレビでも画素の粗さや色あせた感が強く感じらるのです。


舌が肥えてしまうのか、ただ単にハイビジョンテレビが劣化しているのかは分かりませんが、4Kテレビが如何に素晴らしいものかを知るには、やはり4Kテレビを視聴して、初めて気づくことなのもかもしれません。


地上デジタル放送移行時のハイビジョンテレビよりも今の4Kテレビの方が安いくらいです。あの時の駆け込み需要のような勢いがあれば、数万円高い4Kテレビを買い拒むほどの事ではないはずです。

ぜひ4Kテレビを購入してみてはいかがでしょうか。


お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

大型テレビは搬入、設置までが大変!細心の注意が必要です。

未分類
12 /02 2019

 スポンサーリンク



大型テレビ

薄型テレビでも設置が大変!


 大きく、重たいアナログブラウン管テレビの時代ではなくなりましたが、テレビの設置だけは以前と変わらないほど、面倒で厄介な事情があります。


見た目からして、ブラウン管テレビは重々しいイメージがありましたが、薄型テレビでも初期型のプラズマテレビはブラウン管テレビ以上の重いものもあり、とても一人では持ち運べないような代物もありました。それが改良され薄型液晶テレビ、さらに薄い有機ELテレビへ進化しています。


そのおかげで薄型液晶テレビの本来の意味合いと整合性が保たれつつあります。


しかし、ようやく煩わしさから解放されたと思いきや、テレビの薄型化、大型化でまたしても扱いづらいものとなってしまっているのです。また、高性能、高画質なテレビは緻密な電子機器にもなり、取り扱いに再三の注意が必要です。


テレビの搬入、配送の心配!


 テレビを購入する場合、大半の方は家電量販店に行って購入するかと思います。


テレビのように長く使うものは、実物を見て視聴して、良く選んで購入した方が賢明でもあります。また、衝動買いしたくなるほどテレビは安くなってきていますので、すぐにでもテレビを設置して視聴したくもなります。その場合、車で行ってそのまま持ち帰る購入スタイルが何より最短です。


家電量販店にしろ、ネット購入にしろ配送に時間がかかり、ましてどんな状態で運ばれてくるかはわかりません。精密電子機器でもあるテレビは些細な事で故障の原因になります。雑に扱える食品や衣類と同じように運ばれては、何かしら不具合が起こるきっかけになるかもしれません。


配送されて故障していれば保証はされますが、その手間が何より面倒なわけで、テレビを使う事自体に遅くなってしまってははっきり言って無駄です。また保証期間中は故障しなかっただけで、寿命を縮めている可能性すらあります。厳重に梱包し配送してもらうにはさらに上乗せ料金が発生してしまい、安いテレビも結局は高くつきます。


そんな時、やはり自分で運び持ち帰る事が一番信頼できるというより割り切れる方法でしょう。


テレビ購入後に車に載せて運転するのも、かなり神経の使う事ですが、それがなんだかんだで安心です。配送業者のように時間に追われる仕事ではないですから、自分で運べはゆっくり運転もでき、リスクは回避できます。ちょっとした段差でも、運転中の車では相当な衝撃にはなります。それだけを注意すれば、厳重な梱包も必要ないでしょう。


大型テレビで車に入りきれない場合もありますが、車に載せられれる大きさなら自分で運んでも良いかと思います。


テレビセッティングが一番の肝を冷やすところ


 最初のうちは、薄型テレビもブラウン管テレビ並みに重量のあるものが多く、とても一人で持ち運べるものではありませんでしたが、それでも力のある方なら、なんとかテレビ台の上に載せ、セッティングまでできたかもしれません。


しかし、今は軽量化したもののテレビが薄くなりすぎて、テレビを持つところすらないのです。ベゼル(テレビの枠)も薄くなり、画面に触れられないことから、梱包段ボールから直接セッティングしなければならないほどです。それに、二人以上でセッティングするようにもされています。


ブラウン管テレビでは取っ手がついていて持ち運べるものでしたが、(かと言ってほぼ位置固定でしたが)薄型テレビとなり、さぞかし手軽になったかと思いきや、気軽に持ち運べるものではなくなりました。


液晶テレビにしろ、有機ELテレビにしろ、持った時にディスプレイが歪んだら一大事です。また、重心が高く幅が狭い事から倒れそうで怖いほどです。テレビ台に載せたと思ったら、電源、アンテナ入力接続やケーブルの引き回しなどのテレビ裏の配線が特に気を遣うところで、テレビに肘がぶつかったりしないか十分配慮する必要があります。


テレビの設置が困難なのは、力量の問題ではなく、神経を使う事のように変化したように思えます。


そうした時、セカンドテレビだ、部屋の模様替えだの気軽にテレビを移動できるものではなく、レコーダー、ゲームなど、テレビ裏配線するとなると億劫になるくらいです。


テレビ購入時は気分が高揚してしまいますが、設置も十分考慮して、早々壊す事の無いよう注意しておきましょう。


お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

使わなくなったスマートフォンを格安SIMで再活用する!

未分類
11 /29 2019

 スポンサーリンク



SIMカード

スマートフォン維持費が高い!


 スマートフォンが登場して以来、インターンネット検索がどこでも使えるようになりました。ちょっとでも分からない事があれば、大半の事はスマートフォンで調べられます。


 また買い物はネット購入する時代になり、実店舗との価格競争も激しくなりました。家電のような大きな買い物をする場合には、どこの店が安いか詮索する事もできるようになり大変便利にもなりました。


しかしながら、スマートフォン本体価格のみならず、通信費用は馬鹿になりません。


スマートフォンが出始め当初は、今ほどアプリケーションも機能も充実しておらず、スペック自体もそれほど際立ったものではありませんでした。

また、ユーザーを携帯電話からスマートフォンへと切り替えを促す方に必死で携帯電話と同様な価格設定で導入しやすい料金プランがほとんどでした。


今ではスマートフォンのスペックが上がり、通信料金がどんどん上がってしまった現状があります。料金設定の見直しは行われたものの、当初よりはまだまだ高いです。スマートフォン自体が高くてはなかなか買い替えすらできない状態です。スマートフォンも出始めた当初のように、またガラケーのように気軽に買い替えられればありがたいのですが、そうはいかなくなりました。それはスマートフォン市場で日本が海外メーカーから出遅れ、シェアを奪われたせいかもしれません。


格安SIM登場はありがたいが


 比較的安いSIMフリースマートフォンや格安SIMの登場で、通信大手キャリアにこだわらなければ、安い費用で維持できます。それで、その問題はやや緩和したかのように思えます。格安SIMとSIM解除されたスマートフォン、またはSIMフリースマートフォンがあれば、スマートフォンが安く上げられるわけですが、キャリアメールを使っていた場合、メールアドレス変更しなければならなくなります。


それが第一、億劫な事で、格安SIMに乗り換えられない方も多いのかもしれません。デュアルSIMスマートフォンも登場し、SIMのよってデータ量を使い分けられるものもありますが、それに切り替えるのも面倒です。


要はデータ通信料金がネックなわけです。


古いスマートフォンが使える!


 スマートフォン2台持ちはいかがでしょうか。キャリアスマートフォンはそのまま契約し、データプランを最小限プランで維持し続ければ、携帯電話もキャリアメールも十分に使えます。


インターネット検索や動画閲覧だけはデータ通信が大量になります。そこは格安SIM対応したスマートフォンを別に持つことをおすすめします。


 格安SIMの中でも特におすすめなのが、ソニーのnuroモバイルの0SIMです。なんと毎月500MBまで無料で、2GBで定額1600円とけっこう太っ腹な料金です。それほどデータを使わない方であれば、毎月無料の500GBまでで事足りることも十分あり得ます。


だいたいインターネット閲覧で1分1~2MBあたりだと考えると、毎月4~8時間は無料でインターネット検索可能なわけです。動画閲覧であれば、もっとデータ量がかかりますが、何かちょっと調べものをするくらいなら、毎月500GBもあれば大分もちそうです。


 格安SIMをどの端末で使うかですが、使わなくなった古いスマートフォンがあれば最高です。SIMフリースマートフォンをわざわざ購入しては採算が取れるか心配ですが、使わなくなったスマートフォンでも十分機能してしまいます。


スマートフォンを買い替え時に、古いスマートフォンを処分するにはもったいないほどです。スマートフォンのスペック自体はそれほど以前もものと変わりなく、ソフトウエアだけ急激にバージョンアップしています。そのため、インターネット検索であれば以前のバージョンでも使えてしまうのです。家でWi-Fiをしていれば、格安SIM通信データ容量以上の使い方も出来てしまいます。


古いスマートフォン+格安SIMカードは意外と使える組み合わせなのです。


お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

薄型テレビでもテレビ台スペースが広くなっているのは、4Kテレビが大型のため!

未分類
11 /26 2019

 スポンサーリンク



テレビ台

薄型テレビのメリットは省スペースだった!


 アナログブラウン管テレビから薄型テレビになり、テレビの様式変わりました。ブラウン管テレビは立方体の大きな箱型であったため、部屋に置くには大分、場所を取ってしまうものでした。薄型テレビになってから、壁に寄せて置ける分だけ省スペース化とはなりました。


壁掛けテレビも可能になりましたが、薄型テレビと言っても当初は、結構な厚みもあり重さもけっこうあったため、壁掛けでもなかなか困難なものでもありました。


今ではさらにテレビの薄型化、軽量化も進み、壁掛けも楽にはなってはきてはいます。


とはいえ、壁に穴を空けたり、補強しなければならなくなると、従来通りのテレビ台に置くスタイルが一般的でもあります。液晶テレビよりも薄型でもある有機ELテレビもありますが、逆に大型化しているため、やはりテレビはテレビ台に置くしかないのかもしれません。


大型4Kテレビでテレビ台の買い替えも


 そのテレビ台も従来のブラウン管テレビ用から買い替える必要があったわけですが、薄型テレビ当初はインチ数も小型で奥行きがなくなった分、テレビ台も小型になり可愛いものでした。


ところが時代の移り変わりにより、テレビサイズの認識が変化し始め、薄型化していく反面で大型化していったのです。以前のテレビはベゼル(テレビの枠、縁)幅が大きく、インチ数が小さくてもテレビの幅は大きかったのですが、今はベゼルがほとんどない薄型テレビがほとんどです。それがテレビが大型化していく要因ではあったのですが、テレビ幅は変わらないためそこまでは良かったのです。


しかし、4Kテレビも出始め、また大型化しています。


その大型化していくテレビに合わせるため、テレビ台もやたらと大きいサイズを求める必要性が出てきました。


以前であれば、テレビ台の幅が1mもあれば十分な薄型テレビが置ける認識でしたが、今では1.5mもあっても足りず、1.8mまでサイズアップしなければならないほど、テレビが大型化しているのです。


いくら薄型テレビ用でも30㎝は奥行きは必要です。それが幅1.8mもあれば、相当な面積になってしまいます。


テレビ自体は薄型化しても、それに合わせるテレビ台は大きくなる一方で、省スペースどころが、タンスのように立派な家具です。テレビの価格もさることながらテレビ台の値段もなかなかなものです。まして1.8mも大きなものであればなおさらです。


それを考えると単にテレビの価格だけでテレビを購入するのは安易すぎで、テレビ台も含めてテレビ購入予算として考え直した方が良さそうです。テレビ代金+2、3万は必要でしょう。いくらテレビが安くなってきてもテレビ台の方でお金がかかってしまうのは大きな誤算となります。


ブラウン管テレビのテレビ台がパソコン台になった!

 余談ですが、ブラウン管テレビに使っていた立方体型テレビ台は、小型な薄型テレビにはそのまま使えますが、大半の薄型テレビには小さいです。


しかし、これがなんとパソコン台にぴったりだったのです。幅は狭いものの奥行きがあるため、パソコンディスプレイやキーボードが置け、パソコン台として最適です。高さもちょうど良く、収納も出来る優れものです。意外な活用法ではありました。


専用パソコン台も売ってはいますが、出来過ぎものも多いため購入するまではいきませんでした。もったいないというより、気に入って使えているほどで、おすすめです。


テレビは欲しいが


 テレビが薄型、大型化でスペース的には一進一退しても、テレビ台だけは大型化していく一方です。そこで厄介なのはテレビ台の運びや設置で、まして組み立てが必要ならば相当な労力が必要です。


大きなテレビを載せるには、それなりの安定感は必要ですし、それだけ丈夫さが求められるテレビ台はテレビ以上の重量感も出てくるでしょう。スペースも取り、存在感もあるだけにテレビ台選びも良く考慮しなければならないのです。


テレビをそろそろ買い替えていた方はきっと4Kテレビにしたいはずです。4Kテレビは大型です。テレビ台もそれなりの大きさのものに買い替えなればならないという事も頭の片隅に入れていただき、アドバイスとなれば幸いです。


 お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

BS4Kチュナー内蔵4Kテレビはいつ安くなる?

未分類
11 /24 2019

 スポンサーリンク



テレビリモコン

BS4K放送開始から1年!


 2018年12月に放送開始されたBS4K8K放送から約1年となりました。


当時はBS4Kチュナーがようやく出始め、後付けで以前に発売された4Kテレビに対応できましたが、今ではBS4Kチュナー内蔵にモデルチェンジが進み、BS4Kチュナー搭載4Kテレビが当たり前になっていくところではあります。


しかしながら、BS4Kチュナー内蔵4Kテレビは以前のBS4Kチュナー非搭載のノーマルな4Kテレビからすると、やや高額なため、なかなか手が届かない価格ではあります。ちょうど外付けのBS4Kチュナーの価格を上乗せしたような価格なので、4KテレビとBS4Kチュナーを別々に購入しても、それほど変わらないほどです。


単に4Kテレビが欲しいだけの方にしてみれば、割高なBS4Kチュナー内蔵4Kテレビしかない事は好ましくない状況です。


BS契約していなければ、当然BS4K放送も視聴無理な話で、BS4K放送視聴しない方にしてみれば、BS4Kチュナー自体意味がない機能でもあります。


ハイエンドモデルではBS4Kチューナー内蔵が必須なくらい、当然搭載されているわけですが、選択の余地なくBS4Kチュナー内蔵4Kテレビを購入となる場合もあるでしょう。


そのような事を鑑みれば、BS4Kチュナーがもう少し安く、搭載していても金銭的にさほど気にならないくらいがちょうど良い価格設定であるのかと思うのです。


BS4Kチュナー内蔵4Kテレビの低価格モデル


 最近ではシャープやLGがBS4Kチュナー内蔵4Kテレビでも低価格なものを出してきています。


それに続くように価格競争が起きれば、その他のメーカーでも安くなっていくのでしょうが、そうはうまくもいかないようにも思えます。


それはそれらの4KテレビメーカーはBS4Kチュナーも販売しているからです。


シャープもBS4Kチュナーを販売していますが、元々8Kテレビの方に力を入れていた事もあり、BS8K放送チュナーも販売しています。こちらを主体としているため、BS4Kチューナーではそれほど売り上げを伸ばそうとはしていていないようにも思えます。


それにBS4Kチューナー発売するという発表自体がその他のBS4Kチューナーメーカーよりも遅く、前向きではなかったのかもしれません。というより、それ以上に8Kテレビでアドバンテージを得ようといている姿勢が強いように思えます。


8Kテレビで先行しているだけに、BS4Kチューナーでは利益が少なくても、早くから安いBS4Kチューナー内蔵4Kテレビを売り上げようとする販売戦略でもあるように思えます。


BS4Kチュナー内蔵4Kテレビは安くなるのか


 BS4Kチューナーが売れる限りはBS4Kチューナー内蔵4Kテレビも安くしたくはないのがメーカー側の本音なのではないでしょうか。


それは以前のBS4Kチューナー非搭載4Kテレビを購入での後付け対応やBS4Kチュナー内蔵されていない型落ち4Kテレビがまだある中で、BS4Kチュナーの需要が見込めるからです。


BS4Kチュナー内蔵4Kテレビを安くしてしまうのは簡単でもまだ早い段階でもあるでしょう。


しかし、BS4Kチュナー非搭載でありながらも格安4Kテレビも登場し、それがさらに安くなり、それらにBS4Kチュナーを外付けされては、BS4Kチュナー内蔵4Kテレビの売れ行きが悪くなります。


また、BS4Kチュナー内蔵レコーダーも出始め、BS4Kチュナー単体からシフトしていく事になれば、4KテレビにBS4Kチュナーが内蔵されていようがいまいがほとんど変わらない仕様になります。


つまり、その時にはBS4Kチュナー内蔵4Kテレビも安くなっていてもおかしくはないのではないでしょうか。それまでもう少しの辛抱かと思います。


お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

サムライフルーツ

8K、5Gが来る!
電子工学が日本と世界の未来を面白くする。

国立大学工学部卒(電気、光ファイバー)

よろしければ、クリックお願いします。

  スポンサーリンク